新着情報一覧

【お知らせ】第59回大四日市まつり開催

8/6(土)・8/7(日)の2日間に渡り、第59回大四日市まつりを開催します。 ご来場の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染症対策を十分に行った上でお越しください。 ご来場が難しい方やご不安な方、感染リスクの高 […]

【お知らせ】『第59回大四日市まつり」出演団体の変更(出演見合わせ)について

 当初出演を予定されていた以下の出演団体につきましては、諸般の事情により、出演見合わせとなりました。来年度以降の大四日市まつりへの出演に、ご期待ください。  なお、予定していたプログラムについては一部変更して開催いたしま […]

【LIVE配信】大四日市まつり当日の様子をLIVE配信でお届けします

大四日市まつり 8月6日(土)<三滝通り>       大四日市まつり 8月6日(土)<諏訪神社>       大四日市まつり 8月7日(日)<三滝通り>   

※大四日市パレードにおける関係者以外による撮影の禁止※

■大四日市パレードにおける関係者以外による撮影の禁止  営利目的での出演者の写真撮影等の、悪質な来場者による写真・動画の撮影防止のため、 8/6(土)15:45~開催の「大四日市パレード」一部の出演団体の演技中において、 […]

【更新】『第59回大四日市まつり』タイムスケジュールを更新しました

プログラム誤記のお詫びと訂正について

大四日市まつりホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 この度、令和4年度第59回大四日市まつりのプログラムについて、誤記がございました。 皆様にご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、 […]

【来場者の皆様へ】新型コロナウイルス感染症対策(来場者向け)

■ご来場の際は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にご協力ください ■基本的な感染症対策のお願い ☑ 会場内ではマスク着用 ※熱中症には十分に注意 ☑ かぜ症状がある場合は来場を自粛 &#x2 […]

【お願い】令和4年度『第59回大四日市まつり』会場内での飲食について

■会場内での飲食等について(新型コロナウイルス感染症拡大防止対策) ■会場内では、飲食指定エリア以外での飲食はご遠慮ください。  ※熱中症対策のための水分補給をのぞく。  ※飲食指定エリアについては会場案内図をご確認くだ […]

【公開】『第59回大四日市まつり』タイムスケジュールを公開しました

【御礼】ご協賛申し込みを締め切りました

6月21日(火)でご協賛申し込みを締め切らせていただきました。ご協賛のお申込みをいただきました企業の皆様に御礼申し上げます。 大四日市まつり・四日市花火大会については、本日以降もご協賛申し込みはしていただけますが、ポスタ […]

【出演者の皆様へ】新型コロナウイルス感染症対策(出演者向け)

■新型コロナウイルス感染症対策(出演者向け) ・参加の際は、新型コロナウイルス感染症対策をおこなってください。 ・下記ガイドラインに従って対策をお願いします。  >>『第59回  大四日市まつり  新型コロナ […]

令和4年度『第59回大四日市まつり』参加者募集について【6/17締切】⇒受付終了しました

8月6日(土)、7日(日)に開催される令和4年度『第59回大四日市まつり』の参加者を募集します。(6月17日(金)締切)⇒受付終了しました   ■おどりフェスタ2022 「大四日市まつり音頭おどりフェスタバージ […]

令和4年度『第59回大四日市まつり』タイムスケジュール

■ご来場の際は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策へご協力ください    >>新型コロナウイルス感染症拡大防止対策(来場者向け)   ■タイムテーブル  ※出演団体の変更があります。詳細はこちらをご確 […]

ご協賛にかかるよくあるお問合せ

  ご協賛のお申込みに関するよくあるお問合せです。   Q.入金予定日が未定のため、フォームへ入力ができない。 →おおよその目安を把握させていただきたく入力をお願いしております。未定の場合は6月21日(火)でご […]

第59回大四日市まつりへのご協賛について

【重要】令和3年度第58回大四日市まつりの中止のお知らせ

令和3年度第58回大四日市まつりは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を鑑み、中止を決定いたしました。 事業開催にあたり、関係者、ご参加の皆様、周辺にお住まいの皆様、そしてご来場の皆様の安全を第一に考え、開催準備を含めた […]

「家で祭りを楽しもう~大四日市まつり~」がCTYで放送されます!

特別番組「家で祭りを楽しもう~大四日市まつり~」 今年はおうちで祭り気分を味わいませんか? 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年は大四日市まつりが中止となりました。 番組では、2019年の大四日市まつり2日目「郷土の […]

【重要】令和2年度第57回大四日市まつり中止のお知らせ

令和2年度 第57回大四日市まつり中止のお知らせ    令和2年8月22日(土),23日(日)の2日間にわたり開催を予定していました第57回大四日市まつりは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を鑑み、開催 […]

2020年 大四日市まつりの開催予定日⇒中止となりました

大四日市まつりの開催予定 2020年8月22日(土)23日(日)に開催を予定しています    東京オリンピック・パラリンピックの開催延期が発表されましたが、大四日市まつり開催予定日の変更はありません。  しかし […]

【中止】2020年の大四日市まつりは8月22日(土)23日(日)に開催予定です

大四日市まつりの開催予定 2020年8月22日(土)23日(日)に開催を予定しています    大四日市まつりは、例年「8月第一日曜日を含む土日」に開催していますが、本年は東京オリンピック・パラリンピックの開催に […]

※大四日市パレードにおける一部団体の関係者以外による撮影の禁止※

大四日市パレードにおける一部団体の関係者以外による撮影の禁止    本まつりのオープニングを飾るイベント「大四日市パレード」において、営利目的で出演者の写真を撮影する等の、悪質な来場者による写真や動画の撮影がお […]

令和元年度『第56回大四日市まつり』パンフレットを掲載しました

富士の巻狩り(ふじのまきがり)【中部地区】

四日市祭における最も古い形式を今に伝える、南浜田町が奉納する人練り行列。鎌倉幕府初代将軍 源頼朝が富士の裾野で催した動物狩りの様子を、仮装行列で再現したもの。 法螺貝・銅鑼・太鼓を鳴らし、体調4.5メートルを超える大猪を […]

西阿倉川獅子舞【海蔵地区】

西阿倉川の獅子舞は、獅子頭に「安政2年(1855年)」と記されてあり、古くから、御厨飽良川神社の神事として行われている。昭和52年に、獅子舞保存会が結成され、今日まで活動が続けられている。 現在の舞は、箕田流を習ったもの […]

『第56回大四日市まつり』タイムスケジュールを公開しました

【参加者募集】「富士の巻狩り」に参加しませんか?

参加者募集!ネリに参加して大四日市まつりを満喫しよう!    「富士の巻狩り(南浜田町)」は、鎌倉幕府初代将軍 源頼朝が富士の裾野で催した動物狩りの様子を、仮装行列で再現した「ネリ」で、逃げる大イノシシや子イノ […]

まつり期間中の交通規制について

【NEW!】ゆかたの着付け講座参加者募集

基本的な浴衣の着付けを学びます。   募集対象:浴衣を着て大四日市まつりや四日市花火大会に行きたいかた 日 時:7月27日(土) 午前の部10:00~12:00(女性のみ)                   […]

【受付は終了しました】運営ボランティアの募集について

大四日市まつり実行委員会では、8月3日(土)、4日(日)の大四日市まつりで、お手伝いいただける運営ボランティアを募集しています。 募集している業務・時間は以下のとおりです。 ①おどりフェスタドリンクブース運営ボランティア […]

【受付は終了しました】令和元年度『第56回大四日市まつり』参加者の募集について

8月3日(土)、4日(日)に開催される令和元年度『第56回大四日市まつり』の参加者を募集します。 ◎参加を募集している行事 ■大四日市パレード マーチングバンド、バトンの演技、ダンス、仮装行列など、大四日市まつりのオープ […]

平成30年度 第55回大四日市まつりのタイムスケジュールについて

平成30年度 第55回大四日市まつりの詳細なタイムスケジュールは、 7月中旬ごろ 発表予定です。       現在の第55回開催記念行事の予定は以下のとおり      8月4日(土曜日) : 〇四日市市公式マスコットキャ […]

8月6日の開始時間について

今年の大四日市まつりは例年より時間を早め、13時から開始します。 13時~15時まで三滝通りの各会場では、富田「鳥出神社の鯨船行事」の鯨船4艘が演技・展示を行います。 ⇒スケジュールを確認する  

平成29年度『第54回大四日市まつり』パンフレットを掲載しました

四日市市消防団はしご登り

四日市市消防団が出初式で披露する伝統の行事。 はしご登りは江戸時代、加賀藩(現石川県)の火消が始めたのが由来とされ、高い所から火事の様子をうかがったり、威勢のいい姿を見せたりするのが特徴。 竹と木材でつくった高さ約6メー […]

運営ボランティアの募集について

大四日市まつり実行委員会では、8月1日(土)、2日(日)の大四日市まつりで、お手伝いいただける運営ボランティアを募集しています。 募集している業務・時間は以下のとおりです。 ①おどりフェスタドリンクブース運営ボランティア […]

平成27年度『第52回大四日市まつり』参加者の募集について

8月1日(土)、2日(日)に開催される平成27年度『第52回大四日市まつり』の参加者を募集します。 ◎参加を募集している行事 ■大四日市パレード マーチングバンド、バトンの演技、ダンス、仮装行列など、大四日市まつりのオー […]

郷土の文化財民謡と獅子舞

諏訪神社会場 四日市市内には、20ヶ所以上で獅子舞が受け継がれており、そのほとんどは、現在の鈴鹿市にある4つの神社を本拠とする箕田流、山本流、中戸流、稲生流と呼ばれる「四山の獅子神楽」の系統です。 また、各地には、古くか […]

大四日市まつり50周年「かえりやま」の写真

今年は、大四日市まつりの50周年を記念して、中部の山車による「かえりやま」が行われました。   あいにくの悪天候のため、当日は、山車が仮装した姿をゆっくりと見ていただくことができませんでしたが、保存会の皆様がす […]

8月4日(日)の開催について

本日(8月4日 日曜日)の大四日市まつりは予定通り開催します。  大変暑い日になりそうなので、熱中症にご注意ください。   大入道は、 本日 15:55~(三滝通り・百五銀行前) 17:00~(三滝通り・諏訪新 […]

8月3日(土)の開催について

本日(8月3日土曜日)の大四日市まつりは予定通り開催します。 大変暑い日になっていますので、熱中症にご注意ください。 ※大入道の出演は8月4日(日)です。

熱中症予防について

大四日市まつりの当日は気温が高くなることが予想されます。 熱中症を防ぐために、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしてください。 また、大量に汗をかいている人は、塩分も合わせて補給してください。 お近くに熱中症が疑 […]

大入道の演技時間について

大入道は、 8月4日(日) 15:55~(三滝通り・百五銀行前) 17:00~(三滝通り・諏訪新道交差点) 17:55~(諏訪新道・スワセントラルパーキング前) 3回、演技を行います。 また、20:30~「かえり山」も行 […]

南浜田舞獅子【中部地区】

諏訪神社の祭礼・四日市祭に奉納され、延宝年間(1673~81)にすでに存在したのではないかと推測される。 浜田舞獅子と同様、かつて南・北浜田が隔年交替で曳いた大山車で舞われた。獅子の横で舞う口取りの冠が雅楽風であったり、 […]

東日野町大念仏(ひがしひのちょうだいねんぶつ)【四郷地区】

今から700年ほど前に、西日野町の西明寺(現在の顕正寺)境内で、京都東福寺の虎関禅師が仏道の修行をさまたげる魔障を封じ込めるために、祈念したのが始まりといわれている。 直径2m以上ある太鼓や300kgもある鉦の大きさは他 […]

鯨船・勢州組(くじらぶね せいしゅうぐみ)【中部地区】

市内に伝わる鯨船行事のうち、四日市祭では現存する明神丸(南納屋町)の他に、正一丸(東袋町)と勢州組(北納屋町)があって、それぞれ雨の日、晴の日、嵐の日の捕鯨の様子を再現していたという。 残念ながら正一丸と勢州組は戦災で焼 […]

西日野町大念佛(にしひのちょうだいねんぶつ)・東日野町大念佛(ひがしひのちょうだいねんぶつ)【四郷地区】

今から700年ほど前の鎌倉時代に、西日野町の西明寺(現在の顕正寺)に現れた魔障(仏道の修行をさまたげる悪魔)を封じ込めるために、住職が祈念したのが始まりといわれている。 直径2m以上ある太鼓や300kgもある鉦の大きさは […]

大名行列(だいみょうぎょうれつ)【中部地区】

江戸時代に東海道の宿場町として栄えた四日市には、参勤交代の行列を手助けする人馬が存在したことから、その人たちが多く住まいした、旧・比丘尼町と旧・久六町が、諏訪神社の祭礼行事にそのようすを再現して奉納したのが始まり。 現在 […]

御諏訪神輿(おすわみこし)【中部地区・市民有志】

諏訪神社近くの商店街有志が、「大四日市まつり」の出し物として昭和57年に大小2基の関西風みこしを製作し、御諏訪神輿と名付けたのが始まり。 東京の三社祭りを手本に江戸みこしの所作を学んで練っている。 大きな神輿は約210k […]

菅公(かんこう)【中部地区】

学問の神さま菅原道真公と2体の子どものからくり人形が、精巧な演技を行う。 ひとりの子どもが持つ額に、もうひとりが筆で書をしたためる。 それを見た菅公がほめると、子どもたちが喜び踊るというもの。 何の文字を書くのか、想像と […]

岩戸山(いわとやま)【中部地区】

【岩戸山】 アマテラスオオミカミが隠れた天の岩戸の前で踊った女神「アメノウズメノミコト」を題材にしたからくり山車。 ウズメノミコトに化けて天の岩戸の前で踊っていたタヌキが、大きな鉦鼓の音に驚いて正体を現し、腹鼓をうちなが […]

甕破り(かめわり)【中部地区・市民有志】

中国・宗時代の政治家である司馬温公が、高価だった甕を割って中に落ちた子どもを救い出したという、命の尊さを説いた逸話「破甕救児」のようすを再現したからくり人形山車。 甕の外側にいた子どもが、甕に上がり太鼓を打ち、その後、甕 […]

大入道(おにゅうどう)【中部地区】

江戸時代後期の文化2年(1805年)に製作されたといわれる。 身の丈4.5m、伸び縮みする首の長さ2.7m、高さ1.8mの山車に立ち、全高は9m。 からくり人形では日本一の大きさといわれている。 山車や人形の中に入った人 […]

諏訪太鼓(すわだいこ)【中部地区・市民有志】

四日市諏訪太鼓は、昭和35年に信州諏訪での御諏訪太鼓の演奏に感銘を受けた四日市の商店街有志が、当時行われていた「四日市みなとまつり」(「大四日市まつり」の前身)を盛り上げるために、信州の御諏訪太鼓宗家である小口大八氏に師 […]

水沢お諏訪おどり【水沢地区】

花笠を被り、胸に締め太鼓をつけた踊り子が、旋回しながら円を描いて勇壮に踊る。 18世紀前半には雨乞いのお礼踊りがあったことが確認でき、瀬戸用水の完成に尽力した庄屋・辻久善の功績を讃える「お諏訪踊り」という曲名から、このよ […]

御館獅子舞【三重地区】

天武天皇が西坂部の江田神社に獅子頭と神面を奉納したのが起源と伝えられている。 毎年10月の江田神社の秋祭りに家内安全、五穀豊穣等を祈願して奉納。 現在の舞は、山本流を習ったものである。 演目は初段の舞、扇の舞、後起こしの […]

日永つんつくおどり【日永地区】

元和6年(1620年)の記録にすでに見られる郷土色豊かな踊り。 地固め、地つきに歌い踊られたものと考えられており、滝川一益の母の隠居所建築のため、天白川の堤防を築くためなどとする伝承がある。 太鼓・笛などの囃子と歌に合わ […]

浜田舞獅子【中部地区】

10月に行われる諏訪神社の祭礼・四日市祭に奉納される。 かつての四日市祭には「おおやま」と呼ばれる巨大な山車が4輌あり、その上で獅子が舞った。 浜田舞獅子は浜田大山車で舞われたもので、箕田流の流れを汲む。 獅子とともに舞 […]

立阪神社獅子舞【大矢知地区】

江戸時代末期の弘化元年(1854年)に、垂坂と他の麹組合間に商権の争いがあり、これに勝訴したのを祝って獅子舞を奉納したことに起源するという。 箕田流に属し、花の舞では獅子が口にくわえた毬を上に放り投げ、またそれを口でくわ […]

椿岸神社獅子舞【桜地区】

鈴鹿市の椿大神社と関係が深い椿岸神社の獅子舞。 毎年10月の例大祭に奉納されている。 椿大神社を祖とする山本流の舞を伝承し、四日市市内に多く伝わる箕田流の獅子頭と比べると、おもむきが異なるのがわかる。 初段の舞、起こしの […]

市場町獅子舞【保々地区】

地元の伝承では、室町時代に保々西城主朝倉備前守が武運長久を祈り、大般若経の転読と五穀豊穣祈願の獅子舞を奉納したことに始まるという。 現在の舞は、明治初期に山之一色村(現四日市市山之一色町)から習ったと伝えられる箕田流に属 […]

おどりフェスタ2022

「大四日市まつり音頭おどりフェスタバージョン」に合わせ、各チームがチームごとの衣装や振り付けで熱気あふれる踊りを披露します。 スケジュールに戻る

子ども諏訪太鼓

大人顔負けの迫力ある演技をお楽しみください。 諏訪太鼓の解説はこちら。  

リトルおどりフェスタ

かわいい子どもたちが、ポップなアレンジの「大四日市まつり音頭ニューバージョン」に合わせて、元気いっぱいに踊ります。  

献花式

四日市市の市制記念日(8月1日)と四日市港の開港記念日を記念して、四日市港の礎を築いた稲葉三右衛門の功績をたたえ、銅像に献花をします。  

大四日市パレード

大四日市まつりのオープニングを、音楽隊や鼓笛隊の演奏にのせてバトンやマーチングの華麗な演技で華やかに飾ります。 また、ご存知「大四日市まつり音頭」で艶やかな浴衣姿や法被姿が三滝通りを彩る市民総踊り連も登場します。

富田の鯨船「鳥出神社の鯨船行事」【富田地区】

市内には、古式捕鯨の様子を陸上で再現した全国的にも珍しい「鯨船行事」が、休止中のものも含めて8組伝わっている。 毎年8月14日15日に執り行われる富田地区の鳥出神社祭礼に奉納される「鳥出神社の鯨船行事」は江戸時代末期から […]

新正町獅子舞【中部地区】

古くは、赤堀村の氏神八坂神社に奉納されていた箕田流の獅子舞。 樋之口は雌、新正は雄と伝わり、雌に比べ勇猛な舞が特徴。 新正町が常磐地区から浜田地区に編入されたことから、戦後は諏訪神社の祭礼・四日市祭に新正町の邌として奉納 […]