富士の巻狩り(ふじのまきがり)【中部地区】

四日市祭における最も古い形式を今に伝える、南浜田町が奉納する人練り行列。鎌倉幕府初代将軍 源頼朝が富士の裾野で催した動物狩りの様子を、仮装行列で再現したもの。

法螺貝・銅鑼・太鼓を鳴らし、体調4.5メートルを超える大猪をはじめとするハリボテの猪やウサギなどが逃げまわり、子供が扮した武者が弓を射て、最後に頼朝公が槍で大猪を仕留める。

 

安永年間(1772~1781)の資料に登場し、江戸時代の画家・司馬江漢が天明8年(1788)に江戸から九州へ旅をしたおりの日記に、四日市の諏訪明神祭で「富士の巻狩りのねり物を見物す」とあり、以後、戦火にあうことも無く南浜田町で舞獅子とともに受け継がれてきた。

 

元来は頼朝公は馬に乗り、煌びやかな装束に身を包んだ家来は8名を数えるが、真夏の暑さを鑑みて大四日市まつりへの出演を控えてきた経緯もあり、本年は亥年であることから、子ども武者の負担軽減を考慮した陣容で、22年ぶりの登場となった

また、大猪の担い手や、ウリボウなどに扮した子どもたちは、南浜田町民の他、一般市民に参加を呼びかけて行列に加わっている。

(市指定無形民俗文化財)

  

目次に戻る。

富田中島組鯨船 神徳丸【富田地区】

勇壮なむかしの捕鯨のようすを奉納神事として再現した鯨船。

富田地区では「神社丸(北島組)」「神徳丸(中島組)」「感應丸(南島組)」「権現丸(古川町)」の4隻があり、それぞれ、朝、昼、午後、凪の海を表すとされる。

今年はその中から、中島組の神徳丸が出演する。

港を出た船が、鯨を発見し波に翻弄されながらも追跡し銛を打とうとするが、暴れ廻って怒る鯨に逆に追われ、後退を余儀なくされる。体勢を立て直し再び鯨を追い込み、海面より躍り出た瞬間に銛が放たれる。

中部地区に伝わる鯨船は波を切って進む姿(縦揺れ)を表現し、富田地区は鯨の暴れる海に翻弄される姿(横揺れ)を表しているのが特徴の一つである。

(ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形民俗文化財)

目次に戻る。

かえりやま巡行(かえりやまじゅんこう)

大四日市まつりの第55回開催を記念して5年ぶりに再現

 

四日市祭の最終日、諏訪神社へ奉納後、各町のネリが南浜田に集結し、趣向を凝らした変装を施して各町へ帰るかつての行事を、大四日市まつりで復活。

本年は第50回開催以来、5年ぶりの再現となる。

 

          

                           ※かえりやまの写真は第50回の様子

                            他のネリを含む第50回の様子はこちら

                           ☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

鯨船 南納屋町・明神丸(くじらぶね みなみなやちょう・みょうじんまる)

「鯨船」は、漁師町であった南納屋町が、鯨漁の勇壮な光景を取り入れて、諏訪神社の例祭・四日市祭の余興に考案したのが始まり。

今から230年ほど前は「鯨つき」と記録されており、竹製の粗末な船で周囲に幕をたらした簡素なものだった。

現在の鯨船「明神丸」の旗印は、つづれの錦であり、今日ではまれに見る高貴な織物である。

戦前の四日市祭では、北納屋町、東袋町にもあったが、昭和20年の戦災で焼失し、今の南納屋町の「明神丸」ただひとつ残っている。

演技は、絢爛豪華な鯨船に乗り込んで鯨を追う技を、前進、後退、あるいは左右に変化しながら動き、船の上の艶やかな少年たちとあいまって豪華で勇壮な一大絵巻をみせる。

また、情緒ある舟歌が演技に趣きを添える。

(県指定有形民俗文化財)

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。

鯨船 富田北島組・神社丸(くじらぶね とみだきたじまぐみ・じんじゃまる)【富田地区】

勇壮なむかしの捕鯨の様子を奉納神事として再現した鯨船。

江戸時代から伝わり、富田地区には現在、「神社丸(北島組)」「神徳丸(中島組)」「感應丸(南島組)」「権現丸(古川組)」の4隻の鯨船がある。

今年は、その中から、北島組の神社丸が出演する。

「横幕」や「水押しのさがり」など装飾品の新調をはじめ、全体的に修繕が施され、今回が化粧直し後、初披露となる。

門出の祝唄に送られて港を出た船が、鯨を発見し波に翻弄されながらも追跡する。

やっとの思いで追いつき銛を打とうとするが、暴れ廻って怒る鯨に逆に追われ、後退を余儀なくされる。

一息入れ、体勢を立て直し再び鯨を追い込み、海面より躍り出た瞬間に銛が放たれる。

船の大きさは、長さ約6.5m、幅約1.5m。張りぼての鯨は、長さ約4m、幅約1mもあるという。

鳥出神社の例大祭の奉納行事として、毎年8月14日に町内練り、15日に鳥出神社への奉納が行われる。

(国指定重要無形民俗文化財)

目次に戻る。

西日野町大念佛(にしひのちょうだいねんぶつ)【四郷地区】

今から700年ほど前の鎌倉時代に、西日野町の西明寺(現在の顕正寺)に現れた魔障(仏道の修行をさまたげる悪魔)を封じ込めるために、住職が祈念したのが始まりといわれている。

直径2m以上ある太鼓や300kgもある鉦の大きさは他に類をみないもので、肩に担いだ太鼓と鉦は迫力満点である。

地元では、8月13日に東日野町の太鼓と鉦が西日野町の顕正寺に、8月15日に西日野町が東日野町の西覚寺に練り込み、お互い参詣しあっている。

今年の「大四日市まつり」には西日野町が参加。

西日野の太鼓の上には幣があるのが特徴。

(県指定無形民俗文化財)

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。

大名行列(だいみょうぎょうれつ)【中部地区】

江戸時代に東海道の宿場町として栄えた四日市には、参勤交代の行列を手助けする人馬が存在したことから、その人たちが多く住まいした、旧・比丘尼町と旧・久六町が、諏訪神社の祭礼行事にそのようすを再現して奉納したのが始まり。

現在は旧・比丘尼町(現在の元町1区)の下りの大名行列が受け継がれている。

下りの大名行列が駕籠なのに対して、旧・久六町の上りは馬に乗った大名が登場した。

町印の看板を先頭に、挟み箱、白長柄槍、台傘、立傘、大鳥毛、黒長柄槍、駕籠と続き、「ヒーサーヒー」の掛け声とともに、奴が道具類を投げ渡すところが見どころ。

(市指定無形民俗文化財)

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。

御諏訪神輿(おすわみこし)【中部地区・市民有志】

諏訪神社近くの商店街有志が、「大四日市まつり」の出し物として昭和57年に大小2基の関西風みこしを製作し、御諏訪神輿と名付けたのが始まり。

東京の三社祭りを手本に江戸みこしの所作を学んで練っている。

大きな神輿は約210kgあり、当初の2基のほかに小型のものもある。

御諏訪神輿には、一般募集の祭り好きな担ぎ手が多く参加し、毎年大変な盛り上がりをみせている。

10月の第1土日に開催されている「四日市祭」にも、ネリのひとつとして奉納されている。

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。

菅公(かんこう)【中部地区】

学問の神さま菅原道真公と2体の子どものからくり人形が、精巧な演技を行う。

ひとりの子どもが持つ額に、もうひとりが筆で書をしたためる。

それを見た菅公がほめると、子どもたちが喜び踊るというもの。

何の文字を書くのか、想像と期待に胸が躍る。

学問の尊さを伝えようと、旧・新丁(現在の新町・新々町など)の人たちによって明治初期に作られ四日市祭に奉納されたが、昭和20年の空襲で焼失。

昭和22年に山車が再建された。その後、人形師七代目玉屋庄兵衛の手によってからくり人形も再現された。山車の屋形の嵩上げや水引幕の新調など年々華麗さを増し、演技前に子どもが口上を述べる趣向も加わった。

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。

岩戸山(いわとやま)【中部地区】

【岩戸山】

アマテラスオオミカミが隠れた天の岩戸の前で踊った女神「アメノウズメノミコト」を題材にしたからくり山車。

ウズメノミコトに化けて天の岩戸の前で踊っていたタヌキが、大きな鉦鼓の音に驚いて正体を現し、腹鼓をうちながら睾丸をふくらませるというユニークな演技と、一瞬の早変わりが見どころ。

四日市祭における旧・蔵町のネリとして、幕末から明治初期の頃につくられたが、戦災で焼失。

現在のからくり人形と山車は昭和63年に本町通り商店街の人たちによって、ほぼ手づくりで復元され、幕や彫刻、装飾品なども次第に整えられた。

ウズメノミコトの頭は人形師・八代目玉屋庄兵衛の作。

 

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。