富士の巻狩り(ふじのまきがり)【中部地区】

四日市祭における最も古い形式を今に伝える、南浜田町が奉納する人練り行列。鎌倉幕府初代将軍 源頼朝が富士の裾野で催した動物狩りの様子を、仮装行列で再現したもの。

法螺貝・銅鑼・太鼓を鳴らし、体調4.5メートルを超える大猪をはじめとするハリボテの猪やウサギなどが逃げまわり、子供が扮した武者が弓を射て、最後に頼朝公が槍で大猪を仕留める。

 

安永年間(1772~1781)の資料に登場し、江戸時代の画家・司馬江漢が天明8年(1788)に江戸から九州へ旅をしたおりの日記に、四日市の諏訪明神祭で「富士の巻狩りのねり物を見物す」とあり、以後、戦火にあうことも無く南浜田町で舞獅子とともに受け継がれてきた。

 

元来は頼朝公は馬に乗り、煌びやかな装束に身を包んだ家来は8名を数えるが、真夏の暑さを鑑みて大四日市まつりへの出演を控えてきた経緯もあり、本年は亥年であることから、子ども武者の負担軽減を考慮した陣容で、22年ぶりの登場となった

また、大猪の担い手や、ウリボウなどに扮した子どもたちは、南浜田町民の他、一般市民に参加を呼びかけて行列に加わっている。

(市指定無形民俗文化財)

  

目次に戻る。

富田中島組鯨船 神徳丸【富田地区】

勇壮なむかしの捕鯨のようすを奉納神事として再現した鯨船。

富田地区では「神社丸(北島組)」「神徳丸(中島組)」「感應丸(南島組)」「権現丸(古川町)」の4隻があり、それぞれ、朝、昼、午後、凪の海を表すとされる。

今年はその中から、中島組の神徳丸が出演する。

港を出た船が、鯨を発見し波に翻弄されながらも追跡し銛を打とうとするが、暴れ廻って怒る鯨に逆に追われ、後退を余儀なくされる。体勢を立て直し再び鯨を追い込み、海面より躍り出た瞬間に銛が放たれる。

中部地区に伝わる鯨船は波を切って進む姿(縦揺れ)を表現し、富田地区は鯨の暴れる海に翻弄される姿(横揺れ)を表しているのが特徴の一つである。

(ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形民俗文化財)

目次に戻る。

西阿倉川獅子舞【海蔵地区】

西阿倉川の獅子舞は、獅子頭に「安政2年(1855年)」と記されてあり、古くから、御厨飽良川神社の神事として行われている。昭和52年に、獅子舞保存会が結成され、今日まで活動が続けられている。

現在の舞は、箕田流を習ったものであり、演目は「座突」、「舞い出し」、「置き扇」、「喰扇」、「角扇」、「花の舞」の6演目を演じ、毎年10月の第3日曜日の秋祭りで奉納されている。

目次に戻る。

 

 

かえりやま巡行(かえりやまじゅんこう)

大四日市まつりの第55回開催を記念して5年ぶりに再現

 

四日市祭の最終日、諏訪神社へ奉納後、各町のネリが南浜田に集結し、趣向を凝らした変装を施して各町へ帰るかつての行事を、大四日市まつりで復活。

本年は第50回開催以来、5年ぶりの再現となる。

 

          

                           ※かえりやまの写真は第50回の様子

                            他のネリを含む第50回の様子はこちら

                           ☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

四日市市消防団はしご登り

四日市市消防団が出初式で披露する伝統の行事。

はしご登りは江戸時代、加賀藩(現石川県)の火消が始めたのが由来とされ、高い所から火事の様子をうかがったり、威勢のいい姿を見せたりするのが特徴。

竹と木材でつくった高さ約6メートルのはしご上で演技を行う「火の見」「八艘飛び」「鶯の谷渡り」「肝返り」「敬礼」といった技の種類は26種類ある。

郷土の文化財民謡と獅子舞

8月3日(土)、4日(日) 諏訪神社会場

四日市市内には、20ヶ所以上で獅子舞が受け継がれており、そのほとんどは、現在の鈴鹿市にある4つの神社を本拠とする箕田流、山本流、中戸流、稲生流と呼ばれる「四山の獅子神楽」の系統です。

また、各地には、古くからの伝承を持つ踊りも受け継がれています。

演技スケジュール

8月3日(土)

16:20 浜田舞獅子【中部地区】

17:00 日永つんつくおどり【日永地区】

17:30 市場町獅子舞【保々地区】

18:10 椿岸神社獅子舞【桜地区】

18:40 御館獅子舞【三重地区】

19:20 水沢お諏訪おどり【水沢地区】

19:50 南浜田舞獅子【中部地区】

 

 

8月4日(日)

17:20 新正町獅子舞【中部地区】

18:00  四日市市消防団はしご登り

18:30 西阿倉川獅子舞【海蔵地区】

 

 

スケジュールに戻る

コンテストおどりフェスタ2013の結果について

8月3日(土)に開催された第50回大四日市まつり「コンテストおどりフェスタ2013」の結果を掲載します。

 H25第50回大四日市まつり「コンテストおどりフェスタ」結果

コンテストおどりフェスタ2013参加チームの紹介

コンテストおどりフェスタ2013参加チームを紹介します。

当日の注目チームを見つける手がかりにしてください。

コンテストおどりフェスタ2013参加チーム一口メモ

鯨船 南納屋町・明神丸(くじらぶね みなみなやちょう・みょうじんまる)

「鯨船」は、漁師町であった南納屋町が、鯨漁の勇壮な光景を取り入れて、諏訪神社の例祭・四日市祭の余興に考案したのが始まり。

今から230年ほど前は「鯨つき」と記録されており、竹製の粗末な船で周囲に幕をたらした簡素なものだった。

現在の鯨船「明神丸」の旗印は、つづれの錦であり、今日ではまれに見る高貴な織物である。

戦前の四日市祭では、北納屋町、東袋町にもあったが、昭和20年の戦災で焼失し、今の南納屋町の「明神丸」ただひとつ残っている。

演技は、絢爛豪華な鯨船に乗り込んで鯨を追う技を、前進、後退、あるいは左右に変化しながら動き、船の上の艶やかな少年たちとあいまって豪華で勇壮な一大絵巻をみせる。

また、情緒ある舟歌が演技に趣きを添える。

(県指定有形民俗文化財)

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。

川合町獅子舞【塩浜地区】

江戸時代に起源を持つ箕田流の獅子舞。

古くは川合神明社の春の御鍬祭と秋の例大祭に奉納されたが、明治42年の神社合祀以後は10月に行われる御薗神社の祭礼に舞われる。

舞の後半で獅子と口取りが扇の奪い合いをするとき、口取りが獅子の背中にまたがるのが見どころのひとつになっている。

川合町

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。