西日野町大念佛(にしひのちょうだいねんぶつ)【四郷地区】

今から700年ほど前に、西日野町の西明寺(現在の顕正寺)に現れた魔障(仏道の修行をさまたげる悪魔)を封じ込めるために、京都東福寺の「虎関禅師」が祈念したのが始まりといわれている。

直径2m以上ある太鼓や220kgもある鉦の大きさは他に類をみないもので、肩に担いだ太鼓と鉦は迫力満点である。

地元では、8月13日に東日野町の太鼓と鉦が西日野町の顕正寺に、8月15日に西日野町が東日野町の西覚寺に練り込み、お互い参詣しあっている。

今年の「大四日市まつり」には西日野町が参加。

西日野の太鼓の上には幣があるのが特徴。

(県指定無形民俗文化財)

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。