水沢お諏訪おどり【水沢地区】

花笠を被り、胸に締め太鼓をつけた踊り子が、旋回しながら円を描いて勇壮に踊る。

18世紀前半には雨乞いのお礼踊りがあったことが確認でき、瀬戸用水の完成に尽力した庄屋・辻久善の功績を讃える「お諏訪踊り」という曲名から、このように呼ばれる。

現在は7月31日に足見田神社の水まつりで披露される。

お諏訪おどり

(市指定無形民俗文化財)

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。