日永つんつくおどり【日永地区】

元和6年(1620年)の記録にすでに見られる郷土色豊かな踊り。

地固め、地つきに歌い踊られたものと考えられており、滝川一益の母の隠居所建築のため、天白川の堤防を築くためなどとする伝承がある。

太鼓・笛などの囃子と歌に合わせて円陣を作って踊る。

地元では、今年は8月11日に両聖寺境内で披露される。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(市指定無形民俗文化財)

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。