御館獅子舞【三重地区】

天武天皇が西坂部の江田神社に獅子頭と神面を奉納したのが起源と伝えられている。

毎年10月の江田神社の秋祭りに家内安全、五穀豊穣等を祈願して奉納。

現在の舞は、山本流を習ったものである。

演目は初段の舞、扇の舞、後起こしの舞、御湯立の神事、小獅子の舞、花の舞が伝承されている。

御館獅子舞

(市指定無形民俗文化財)

☆解説文監修:四日市市の祭りを学ぼう会

目次に戻る。